社員を募集しても、なかなか人材が集まりません。そんな悩みをかかえるあなたに伝えたいメッセージとは?

魚画伯があなたを占います

~ 魚の和価値愛カード占い事例集 ~

あなた
採用しても、すぐに辞めちゃうんだよ。どうしたらいいかね?

魚画伯
そういう悩みをかかえている人は、ますます増えているようですね。

あなた
どこも一緒なのかね? こないだも、経営者の集まりで、みんな同じようなことを言ってたよ。

魚画伯
昨日のお客さんも、「育てても育てても、任せようとした瞬間辞めちゃう」って言ってました。

あなた
そうだろう・・・どこもそうなのかね。やっと育ったと思ったら、「はい、辞めます」って簡単に言われたら、本当にいやになっちゃうよ。うちもずいぶん辞められたよ。だからといって、もうこれ以上条件(待遇)をよくするというのも限界があるし・・・

魚画伯
そうですよね。時間もお金も投資して、あっさり辞めますと言われるのは、本当にがっかししてしまいますよね。でも、社長のところだけでなく、どこも人(人材)が集まらないのは、どうやら待遇面だけではなさそうですよ。

あなた
え?本当に? じゃあ、早速占ってもらおうかな?

和価値愛カードを引いてみましょう。

それでは、和価値愛カードを引いてみますね。
その前にいくつか注意事項がありますので読んでください。

この魚の和価値愛(わかちあい)カードはあなたが、いわゆる一般的な占いのように、これから運をつかめるかどうか?といった内容ではありません。

  • あなたがが本当の自分らしく、どのようにふるまえば状況が好転するか?
  • 今、自分がどう行動すれば、自分の決めてきた使命や志をまっとうできるか?

についてのヒントが出てきます。運がよくなるかどうかという反応的な生き方ではなく、自分自身が主体性を持って、あなたが本当の自分らしくどう生きていくかについて和価値愛(わかちあい)カードはメッセージを運んでくれるでしょう。あくまで自分がどう行動するかです。

そして、カードに書かれたメッセージを読んで、あなた自身がココロの底から湧きあがるヒラメキを大切にして下さい。あなたがヒラメキを受け取った頃に、あなたのヒラメキを邪魔しない範囲で解説を加えていきます。

いわゆる「カードが教えてくれる」「カードがそう言っているから」というふうに、答えを自分以外に委ねるものではありません。他人任せでははく、自分が主体。誰もが自分自身で答えを持っている。その答えを引き出しやすくするためにこのカードを作りました。

それでは、あなたの氏名(使命)をイメージしながらカードをシャッフルしていきます。直感に従って、止まれのサインが手のひらに感じたら、カードを順番に広げていきます。

※左から「過去」「現在」「未来」

過去・・05『智慧』と『価値』
現在・・07『真の勝利』と『真実』
未来・・06『調和』と『変容』

だいたい分かってきたけど、この『変容』という言葉は聞きなれないな~。

そうですね。あまり一般的には使わない言葉ですよね。それでは、順番に説明していきます。

過去 5番目の『智慧』と『価値』のカードが出ています。

過去は5番目の『智慧』のカードと『価値』のカードが組み合わさっています。智慧のカードは、別名『出逢い』のカードとも呼ばれ、出逢いを通して、今何を学び愛しているかを示しています。今までは、目指すべき目標がそんなに多種多様にわたっていなかったので、会社の目指す方向と働く社員の方向は一致して、そんなに迷いはなかったかもしれません。

ん~、そうかもしれないね。しかるべき価値かあ・・・なんだか考えさせられるね。それから?

現在 7番目の『真の勝利』と『真実』のカードが出ています。

現在は、7番目の『真の勝利』のカードと『真実』のカードが組み合わさっています。真の勝利とは真実を表現し、本当の自分の表現が求められています。社長としての立場・役割を超えて、人対人との繋がりが強く求められているのかもしれません。

でも、今どきの若い連中は、仕事が終わったら、コミュニケーションを深めるよりも早く帰りたいやつらばかりなんじゃないかな?

そうとも限りません。辞めていった社員の人たちは、もっと社長と関わりあいたかったかもしれないとメッセージが届いていますよ。

根気がないんだよ、きっと。

うちは、これでやってきたんだから、お前もそうやれ!といったような押しつけはしてきませんでしたか?それぞれの立場・役割という仮面を脱ぎ去り、素顔で語りあえば、もっとビジネスチャンスが広がるかもしれませんよ。下積み時代は、やる氣はあるけれど、まだ実力が伴わない。そんな葛藤は誰もが通る道。そんな葛藤の最中には、「やっているうちに分かるようになるよ」とか「大きな仕事をやる前に目の前のことに集中しろ」という言葉は届かない。

そういえば、「エゴの仮面を被ったうわべの顔に隠された・・・」ていう文章を最初読んだ時、ドキっとしたよ。人手が足りなくて、早く育ってほしいと少し焦っていたのかもしれないな。

労働人口が減ってくると、どこも人材を求めるのではなく、つい目先の人員を求めてしまうものですよね。

その直後、おもてなしルームに見えた方の表情が、どんどん明るくなっていくのがとても印象的でした。

で、未来は?

 

未来 6番目の『調和』と『変容』のカードが出ています。

未来は、時間という概念として捉えて下さっても結構ですし、今、目の前に見えていない現象、メッセージとして捉えて下さってもいいです。

あ、ここで、変容に繋がっていくのね。でもなんで、こんなふうにカードが繋がっていくの?長谷川ちゃん、ただシャッフルしていただけだよね(笑)

なんでなんですかね。自分でもシャッフルしている最中、なぜ止まれのサインがくるのかよく分からないんですが、・・・さんの氏名を呼びかけると自然に手が止まるんですよね。

ふ~ん、そんなもんかね。

未来は、6番目の『調和』というカードと『変容』というカードが繋がっています。変化・変容・発展を求めて調和を意識するというよりも、自我の仮面を脱ぎ去り、今という真実に目覚め、ココロの底から調和を大切にした時、有力な社員たちと共に社長の会社が発展していくのが見えます。下積み時代だからこそ、プロとして見えない部分が多い反面、長年やってきたプロが見落としがちな矛盾点にも氣づけるのかもしれません。素人だからこそ、より消費者目線で仕事をが見れるというメリットもあるのかもしれない。

これが、うちのルールだと押しつけていただけだったかもしれないね。

このことは、採用ということだけではく、ご家族の幸せにも直結しているとメッセージが伝わってきました。

いつも、画伯が言っているように「すべては繋がっているんだね」

まとめ

今回のご相談は、会社での人材というテーマでしたが、それは本当の自分を思い出すトリガーに過ぎなかったと喜んで帰られました。右の肩甲骨の内側のハリと右の腰の負担が強く出ていました。内臓調整療法師として、肝臓の緊張が強く出ていたのが印象的でしたが、和価値愛カードを通して、魚画伯としては、『真の勝利』を見えにくくする「自我の勝利」の浄化が必要だったと思いました。

和価値愛カードによる占いが終わると首の左のつけねが、鋭角(えいかく)に、はっていたのが、なだらなかカーブになっていたので、とても嬉しかったです。

~和価値愛カードから一年後~
「仕事できないんだよ」とからかっていた社員のアイデアで、新規事業を立ち上げたと教えに来て下さいました。それ以来、その後入ってきた社員の方とも教える側、教わる側という役職・立場を超えて、いつも何を学び愛しているか?を考えて接していらっしゃるそうです。それと同時に、会社がますます回りだしただけではなく、ご家族がとっても仲よくなったそうです。改めて、人生はキャンドルサービスのようなものであると実感しております。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

すべては繋がっている。あなたの悩みはあなただけのものではない。そして、あなたの悩み解決は、他の誰かの勇氣・元氣となると確信しております。

あなた
 画伯、これ写真撮ってもいい?
 
魚画伯
どうぞ、どうぞ、みんな終わった後、同じようにおっしゃいますよ。


和価値愛カードは、魚の絵がはいった潮の流れカード22枚とそれをサポートする愛の羅針盤カード49枚の2種類、計71枚より構成されています。
詳しい説明は下のページより
↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA