あるがまま、ありのまま! あなたが本当の自分に還れるようにアナゴの絵を描きました。

今日も本当の自分らしく過ごしていますか?

家族の絆を深めるスーパー・プロデューサーの魚画伯です。

アナゴは、大食漢で、何でも貪欲に(飲み込むように)食べるんですよ。

「今日は、状況を飲み込める(受け入れる)氣になれないな」・・・なんて、落ち込んでませんか?

アナゴが大好きな人も、そうではない人も、アナゴのように?!張り切っていきましょう。

 

アナゴの絵に込めた思いとは?

見てくれたあなたが・・・

過去に作り上げた後悔・罪悪感で、現実から、目を背け(そむけ)たくなる時、
あるがまま、ありのまま、本当の自分の力を信じて進めるように。

そんな願いを込めて、アナゴと言葉を描かせて頂きました。

 

思い込みの自分(自我)から抜け出して、あるがままの自分(自己)を思い出した時、
問題は解決したようなもの!

「あなたなら、きっと乗り越えられる」と確信しております。

 

人生はキャンドルサービスのようなもの。

偽りの自分を演じれば、相手も偽りの仮面を被って、あなたに接してくる。
素顔が見たければ、あなたが自我の仮面の脱ぎ去り、素顔笑顔を見せましょう。

 

あなたの夢や願い、志を邪魔する後悔・罪悪感を吹き飛ばすような絵であったら嬉しいです。

 

さあ、あなたもアナゴのように、するするっと自我の夢から抜け出そう。

ストレスがたまって、首が回しにくくなっていたら、内臓調整療法師として、長谷川が施術致します。

 

やわらかな食感淡白な味わいが特徴。

アナゴは、江戸前の寿司ネタや天ぷらの種として、親しまれています。

クセのない味だからこそ、蒲焼き白焼き酒蒸しなど幅広く重宝される。

 

羽田沖の江戸前が美味しいと有名ですが、すっかり数が減って、瀬戸内海のものが人気になっているそうです。

 

出来上がったアナゴの絵と言葉はこちら!

無条件の愛そのものである本当の自分を思い出せますように。

そして、本当の自分らしく生きる勇氣を持てますように。

さあ、今日からあなたは、アナゴと勇氣の女王!

 

親父ギャグであっても、少しも~寒くはないわ!(笑)

 

でも、本当の自分らしく生きるって、勇氣もいるし、難しいですよね。

偽りの自分を演じていた方が、楽かもしれません。

カラダは、不調な時、歪んだ姿勢の方が楽と思ってしまう。(お腹が痛い時、カラダを丸めるように・・・)

ココロも同じ。

偽りの自分を演じても、楽に感じるのは、一時的。
「偽りの自分を演じ続けても、ますますココロもカラダも歪んでしまう」のは、あなたもココロの底では知っているはず。

 

病は気から・・・

元氣は、元の氣・本当の自分から!

本当の自分らしく生きるため、あなたの勇氣となるような絵と言葉でありますように。

 

最後に・・・

最後までご覧下さり、ありがとうございます。

ココロとカラダを弛める魚画伯として、あなたの勇氣と元氣の源となれたら嬉しいです。

 

人生は「あっ」という間だから・・・

あれこれ考え過ぎず、立ち止まり過ぎず、アナゴのように腹を割って和価値愛を深めることも必要。

さあ、今日も自分を信じて、ご一緒に! 張り切って生きましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*