本当の存在感というもの・・・

 今日は疣鯛(イボダイ)を描きましたスマイル

クセのない淡白なアジわいでおなじみな 夏の魚花。 淡白だけに、塩焼き・煮物・バター焼きはもちろん 干物だって最高目がハート。 まさに自己主張が強くないからこそ、 どんな料理法にも適するすぐれものの大衆魚きらきら。 まさに野菜で言うところの大根のような いろいろなアジにそまりつつも存在感がある・・・ そんなイメージかな?

時には、存在感を発揮して、目の前の人を 喜ばせたい存在でいたいけれど、 時には、淡白で・・・スマイル そんな主張がないように見えて、 でもいなくてはならない・・・OK そんな人間になりたい今日この頃です。 そんな時、状況に合わせて、 距離感をつかむのが難しいのですが・・・きらきらきらきらきらきら

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

4 件のコメント

  • う~ん、おいしそう♪
    私たちは、エボダイと呼びます。

    バター焼きはあまりしないですが・・・
    塩焼きには持ってこい♪
    我が家では、お決まりのハーブソルトを使いますが…♪(笑)

  • ナイトサファリさん
    いつもありがとうございす。

    バター焼きも最高ですよね。
    似たような魚に、
    バターフィッシュという
    魚もおりますが・・・

    似てるけど、値段が
    全然違うんですけどね。

  • green-mintsさん
    いつもありがとうございます。

    ハーブソルトというのが
    あるんですね。
    初めて知りました。

    ハーブの香りがして、
    おいしそう~。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA