えっ?乳製品大好きだったのに??

魚画伯です。

老後に必要な3つのKひらめき 
その3つのKとは、心の健康のK、体の健康のK、
そして、経済のK、すなわちお金の事。
以上の3つが大切といわれております。
誰がおっしゃっているのかは、読み人知らず。
この中で、計画的に行えるのが、経済のK、
ここは、本業の仕事を通して、
万が一のリスクだけでなく、
長生きのリスクに備えて過不足なく
バランスよくお客さんの考え方、価値観、
夢などを重要視しながら共に作っていく
という事で、サポートさせていただいております四つ葉
さて、『人生後半戦に備える研究会』の事務局長
長谷川としては、残り二つのK、すなわち体、
心についても注目していきたいスマイル
そんな訳で、体の健康に関する本は
ないかな~とふらふらっと直感に従って、
一冊の本を手にしましたひらめき
その本は、胃腸内視鏡のパイオニア
として知られる新谷弘実先生による
『病気にならない生き方』
でした。
平積みにしてあり、ベストセラーという
言葉に魅かれて、今回購入したので、
恥ずかしながら、その本に出逢うまで、
新谷先生を存じ上げておりませんでしたが・・・

それまで、父の入院を期に、
西洋医学の本やら東洋医学の本やら、
やたらと読み漁り、それぞれ反対の見解
などがあったりして、
「いったいどっちを信じればいいの?」
と思考錯誤の日々を送っていました。

例えば、一方では、水を多くとらないと、
体の循環ができない。
もう一方では、水をとりすぎると
水毒といって、体を冷やすからよくない。など

でも、今回こちらの本では、
その小生の中での(あくまで小生の中ですよ)
矛盾点が解決できたように感じる程、
説得力のある本でしたウィンク
内容は、今まで健康のために行ってきたのは、
何なの?というショックな事ばかりショックショック

特にショックだったのは、
この先生の説によりますと、
『牛乳は人間にとってよくないもの』である。
小生は、身長185センチのため、
「何食べたらそんなに大きくなるの?、
やっぱり牛乳か?」と初めてお目にかかる方の
9割は、そんな会話から日常スタートする四つ葉
自分でもカルシウム不足を防ぐため、
学生時代は、水代わりに飲んできましたし、
これまで子供が生まれて5年間、
夫婦で子供に積極的に牛乳を飲ませてきた失敗
それが、それがであるショック
市販の牛乳は、加工される事によって、
体に必要な成分はほとんどなく、
しかも、飲めば飲むほど骨粗しょう症となるらしい。
しかも、二人目の子供が赤ちゃんの頃には、
哺乳瓶に牛乳をあっためて飲ませると
よく寝てくれるので、飲ませてきましたが、
これがどうやらアトピーの要因のひとつでもあり、
最悪の生活習慣であるというのである目
「牛の乳は本来、子牛のための飲み物である」
という著者の文章にただただうなずくだけしか
できない今日この頃です失敗
小生は、もちろん専門家ではないので、
ご興味のある方は、ご自身で一度読まれるといいかもハート(手書き)
サンマーク出版というところで出されています。
子供のためにも、妻のためにも、
健康で長生きしたい。
「しばらく我が家で飲むのやめてみない?」
というと、妻は、「もう、すぐにそういう本に
影響されやすいんだから、
みんな飲んでいるんだから、大丈夫でしょ」
と意見が合わない今日この頃です。
毎週、牛乳とヨーグルトを買いだめしている
我が家ですが、今後の魚画伯一家は、
どうなることでしょう?
乞うご期待うっしっし
ちなみに、この本は牛乳を単に批判している
だけの本ではありませんので、あしからず。
あくまでも食生活と健康についてのほんの一部
として、とりあげられていらっしゃいます。
このサプリメントを飲むだけで
効くとかいう話ではございませんので、
ご安心を。
しかし、寝る前の5時間前は、
飲食しないなど、よほど氣をつけて
いないと小生のようななまけ者には、
なかなか習慣化されにくく厳しい内容
でもありますので、読まれる方は、
心して読まれるといいかも・・・うっしっしうっしっしうっしっし

 

今日は、牛乳ショックで、
文章が長くなってしまいましたどきどきハート
最後までお付き合い下さった
人生前向きな方、ありがとうございます。
感謝しております。
皆様の老後だけでなく、現在も
3つのKが揃われ素敵な人生で
ありますようにハート(手書き)OKハート(手書き)
追伸:それでも小生は、
納豆を食べ続ける今日この頃です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

11 件のコメント

  • 魚年画伯さん おはようございます。
    牛乳には、そんなデメばかりだったとは驚きですね。
    町に出回っているその手の本には売名行為で書かれているのも多いし、実際に本人が書いてないのもあるとか聞いてますが。(レッスン物は殆ど他人が書くとか・・)
    本当にどれを信用していいのか困ります。
    牛乳はもともと飲めない「あたごおかりな」ですので直接関係はないですが。

  • ライフワークなんですね。いいと思います。
    牛乳ですが、武蔵小金井の小児科医も牛乳はよくないといってます。子どもたちが育つとき、さんざん給食で飲みました。いまさらどうしましょう。私は飲みません。骨ソソウショウを起こさないよう他のものでカルシウムをとってます。

  • ご無沙汰しております。

    「笑う門には福がどんどんやって来る」とっても小気味よい響きですね。魚年画伯さんもお元気そうで嬉しく思いました。いつも温かでポジティブな言葉にはいつも勇気づけられます。

    楽しい素敵な週末を…☆

  • こんにちわ
    私もテレビで牛乳の話は聞きました
    信じるし また信じない
    これが結論でしたね 私の
    まあ 口に入れるものは偏らなければ良いのではないかと思います
    例えば 急がば回れ 先んずれば人を制す
    これは矛盾していますが 両方正しいのですよ
    これと同じじゃあないでしょうか

  • 心の健康の=只今非常に問題視している事柄でしょうか

    体の健康のk=今後とっても心配の一つ

    経済のk、すなわちお金の事=日々心配であり興味が大
    成る程の3つの事柄ですね。

    牛乳について・・・子供達は給食でのむぐらい自宅では料理に使用のみでしょうか?

  • あたごおかりなさん
    いつもありがとうございます。
    そうなんですよ。小生も
    びっくり。
    出回っている情報を出している
    人は、知っていながら出しているか
    知らずに、本人もそう思って
    出しているかは、分り兼ねますが。
    あたごおかりなさんが、
    ゴルフのレッスン書出されたら、
    買いますよ(笑)
    牛乳飲めなかったことも
    今、ご健康でエンジョイされて
    いらっしゃることでしょう。
    でも、時代が時代でしたから、
    牛乳の飲めない子として、
    もしかしたら、ご苦労されて
    いらっしゃったのでは?

  • むらさきの貴婦人さん
    いつもありがとうございます。
    その小児科の先生もきっと
    すばらしい名医でいらっしゃる
    ことでしょう。
    かかりつけの医師が身近に
    いることは、心強いですね。

  • epleさん
    ありがとうございます。
    プロフィールの写真が変わられたんですね。
    かっこいい~。
    こちらこそご無沙汰しております。
    あいにく日曜日は雨ですが、
    素敵な一日にしようと思っております。

  • 武魂さん
    いつもありがとうございます。
    食べたものは、その人の
    体の一部でもあり、
    その人の人格そのものでもある。
    食べた物を体の中の細胞君たちは、
    いい、悪いを選べないので、
    せめて、自分の意志は、
    いいものを選んでいきたいと
    思う今日この頃です。
    武魂さんのおっしゃるように
    偏らないって事は、
    とても大切ですね。

  • sunny-smile2005さん
    いつもありがとうございます。
    3つのkについて
    ご意見ありがとうございます。
    飲まないように、心がける
    としても、給食で飲まないって
    一人でやると、もしかしたら、
    いじめの対象になるかもしれないので、
    学校では飲むしかなさそうですね。
    ん~、難しいところですね~。

  • そして、その本を知っていますが、今でも変わらずに飲み続けています。
    要は度が過ぎれば、と思えばいいのではありませんか?
    そして、医療をかじっている私の情報では、その本に根拠がない、ということで牛乳協会みたいなところからクレームが出ているそうです。
    牛乳飲んでいて困ったことになっていませんし、そうです、程ほどに摂取すればよいのでは?
    ま、決断は個人個人で、ね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA