魚画伯(さかながはく)こと長谷川隆之のプロフィール

 

保険・整体・占いのプロフェッショナルとして、あなたのお役に立ちたい!

魚画伯
わたくし長谷川隆之のページにお越しいただき誠にありがとうございます。 
 

このホームページをご覧になられて「長谷川って何者?」と思われた方も多いのではないでしょうか?!

 

私をよく知る方々から言われるのは・・・

  • 魚の絵を描く保険屋さん。
  • 整体(内臓調整療法師)ができる保険屋さん。
  • 占いができる保険屋さん。

と長谷川を表現する方法は、人それぞれ・・・

 

そんな私の自己紹介をご覧いただければ幸いです。

背が高いのに体が弱く、いじめられっ子だった小学校低学年の頃

image_profile1

本名:長谷川 隆之(はせがわ たかゆき)

  • 生命保険協会認定FP
  •  魚の絵を描く占い師
  •  内臓調整療法修師

昭和46年3月1日千葉県柏市生まれ
現在、妻と2女と1男の5人家族

赤ん坊の頃、寝つきが悪く夜中ずっと畑で、おんぶしてくれていた母親には大変苦労をかけました。

小学校の頃は、風邪もひきやすく、カラダが弱かったです。

「体が弱いのに、背だけは高く目立つ」というだけでいじめられっ子。しかし、小学校4年生の担任の先生に影響を受けて、性格が明るくなりました。いじめと言っても、現代のような陰湿ないじめではなかったのは、幸いです。

 

中学に入って・・・

中学1年から高校3年まで6年間、学級委員長を務めました。「6年間も学級委員長やるなんて、頭よかったんだね」と言われそうですが、決してそんなことはなく・・・(苦笑) 

 

大器晩成型と言われ続け、現在に至っています(笑)

「いじめられている人や困った人を見るとほっとけない性格」はこの頃に形成されたのかもしれません。

そんなわたくしの「ほっとけない性格」後押しする人生の転機がやってきたのは1996年の秋。

 

保険に関する大切な情報を伝え続けることで保険業界を変えたい。

「保険業界に旋風を巻き起こさないか?」と誘われ1996年に外資系の保険会社に転職。

「人脈を活かして営業してこい」と言われても・・・
当時、人脈と言われるのは、学生時代の友達くらい。社会人経験が短いというのは、大変なハンデでした。

人脈などほとんとない新米保険営業マンの頼りとなる行き先は、家族・親戚・友人。

 

本来いちばん大切な人から保険をお勧めするんです。

しかし、「大切な人からお勧めするのが使命」なんて言うのは、保険会社の言い分。欧米と比べて、保険を扱うプロフェッショナルに対する社会的認識がきわめて低い日本では、いわゆる「保険屋」と言われ、当時は、ただ煙たがられる存在

 

小生も、例外なく業界の洗礼を受けました。仲の良かった友達からも「保険の営業で電話してきたのなら友達やめるぞ」「そんな電話でかけてきたのなら、友達なくすぞ」と言われたのは、ショックでした。今では、そんな言葉は言われなくなりましたが、その時は、完全に自身を失っていました。「業界に旋風を巻き起こす」どころか、自分が旋風に巻き込まれ、ぐるんぐるんになっていました。

 

人生の目的を考える機会を与えてくれた1冊の本

保険の営業マンとして自身をなくすだけでなく、少しずつ人間不信になりはじめた頃・・・
当時の営業所長より一冊の本を勧めてくれました。その本が、『7つの習慣』です。

その本を通して、仕事に対する取り組み方だけでなく、人生の目的のようなものを考える機会を与えてもらいました。

「保険業界3つの非常識から目の前の大切な人たちを救おう!」と理念を掲げて、【人生後半戦に備える研究会】を立ち上げたのも丁度この頃です。

「Win-Win」という言葉は、今でも大好きで、頻繁に使っています。

 

絵手紙との出会い ~絵師 魚画伯(さかながはく)の誕生~

image_profile2

『7つの習慣』という本の影響からか・・・
大切なことに氣づき始めると、少しずつ、お客様や友達から「ずいぶんいい顔つきになってきたね」と言われるようになりました。

 

先輩の勧めで始めた絵手紙

そんな人間不信も解消し始めた頃、保険会社の大先輩の勧めで、絵手紙と出逢いました。

「長谷川ちゃん、筆マメだから、絵手紙やってみたら?」

絵手紙とは

はがきに絵を描き、文字を書いて真心を込めて贈る手紙のことす。絵が上手いから描くのではなく、「下手でも誰かに喜んで貰いたい」そんな優しい気持ちを伝えるために描く手紙です。

 

絵手紙 は、『心の贈り物』

絵手紙にのめり込むと、契約のお礼や商談のお礼だけでなく、名刺交換をしただけでも、絵手紙を出しまくっていました。先輩に絵手紙を勧められるまでは、市販の絵ハガキにボールペンで書いていただけでしたが、絵手紙にするととても楽しい。

絵手紙を出し始めた頃、「若いのに絵手紙なんて珍しいね」と言われるのが、とても嬉しかった。

 

絵手紙を出し始めて1年くらい経った頃に変化が・・・

絵手紙を出し始めて一年くらい経った頃でしょうか?

自分の絵手紙が、お客様の応接室やご自宅に飾られ始めたのです。

 

運氣アップ?

『長谷川ちゃんの絵手紙をトイレに飾ると運がよくなるんだ』と言ってくれる方が増えはじめました。

そんな嬉しい声に支えられて、絵手紙に、どんどんのめり込んでいきました(笑)

 

当時の絵を今でも飾って下さるご自宅や会社に訪問すると感謝の気持ちでいっぱいになります。下手でも、飾って下さる方がいらっしゃらなかったら、ずっと描き続けてこれなかったと思います。

 

絵手紙という素敵なものを教えてくださった先輩は、いろいろなジャンルの絵を描きますが、小生は、気がついたら魚の絵ばかり描くようになっていました。

野田のお寿司屋さんで、「魚の絵を入れたメニューを描いて」と頼まれた頃から、魚の絵が独り歩きしはじめました。

「本人が魚座だからなのか?」「魚を食べるのが大好きだからなのか?」本人も魚を専門に描く理由は、わかりません。

 

占いとの出会い ~占い師 長谷川隆之の誕生~

肩こり・頭痛に悩むようになる

日々営業で飛び回るようになり、仕事も楽しくなってきた頃・・・
新たな悩みを抱え始めるようになります。

その悩みとは、頭痛激しい肩こり

重い鞄を持ち歩いてきたからか?  頭痛と激しい肩こりに悩まされるようになりました。

 

最初のうちは、リラクゼーションのお店で、ほぐしてもらえば、楽になったのですが・・・だんだん、症状がひどくなると、もみほぐしだけでは、痛みがとれない

先輩やお客様のご紹介で、鍼(はり)や骨格調整を中心とした整体など・・・いろんなお店を転々・・・

 

今、思えば、人と直接ふれあう仕事をしてみたい!と芽生えた頃だったかもしれません。

ついにカラダの限界。

カラダが歪むとココロも歪むって本当ですね。

忙しいだけでなく、カラダが悲鳴をあげると、夫婦の会話もが少なくなってきたした。肩こりがつらすぎて、会話をする氣にもなれない。

 

占いをする整体との出逢い。

そんな夫婦の会話が少なくなり、夫婦関係が微妙になり始めた頃。妻が仕事先で知り合ったオイルを使った整体に出逢いました。

 

オイルのマッサージの後、オラクルカードを引いて、カラダだけではなく、ココロも整えてくれるコース

オラクルカードのオラクルとは「神託」という意味です。

数十枚が1セットになり、どれも目を引く絵柄が描かれている点ではタロットカードにも似ていますが、タロットと異なるオラクルカードが独特なのは、カードに書かれているメッセージにあります。

タロットでは絵柄、図式から占う人がそのカードの意味を読み取りますが、オラクルカードには直接メッセージが神託として描かれているので、カードにあまりなじみがない人でも使いやすいという点が、オラクルカードが多くの人に受け入れられている理由です。

オラクルカードについては以下のサイトでも紹介されていますので参考にしてみてください。

 

ココロも、カラダもつらかった夫婦にとって大切な時間

夫婦で、カードを引いてもらいながら、その人を通して、夫婦の会話がだんだん増えるようになりました。それまでは、「占いって、なんだか怪しい・・・」とくらいしか思えなかった自分が恥ずかしい。

 

「仕事、仕事・・・」と明け暮れる自分に、「本当に大切なものは何か?」見えてきたような氣がしました。

その整体師さんのところへ、だんだん夫婦で通うようになったのは言うまでもありません。

「次第に自分もココロもカラダも整えられる仕事をしたい」と夫婦で、本氣で思うようになりました。

 

オリジナルカード「和価値愛(わかちあい)カード」の誕生

そんな自分のココロを察するかのように、その整体の先生から、「長谷川さんなら、魚の絵と素敵な言葉を描いているし、素敵なオラクルカードを作れるんじゃない?」と言われたんです。

「そんな才能などないですよ」と自信もなく、一度お断りしたのですが・・・
翌日、カードに描きたくなるようなメッセージが湧いてくる夢を見ました。

 

カードを通して、伝えたいこととは?

夢に出て来たメッセージは、「※天と地を融合する使命を全うせよ」でした。

「カードを作るためには、2~3ヵ月はかかるだろう」と思っていたのですが、なぜか3日で文章が出来上がりました。書き上げるまでの3日間、何かにかかつき動かされているようで、不思議な感覚でした。ありながら、とても充実していたのを覚えています。

※天と地を融合するとは?
天命に生きようとするがばかりに日常生活が疎かになっている人、地に足はついていても本当の自分から遠ざかり生きる目的を見失っている人、これらのバランスを欠いている人を導く事を言います。

生まれて来た目的使命を通して、精神的にも肉体的にも霊的にもバランスを整えるお手伝いをしたい!

3日で出来上がった文章は、22枚の潮の流れカードと49枚の愛の羅針盤のカードに込めました。

 

 

お客様の悩みを解決したくて・・・

保険という仕事柄、いろいろなお客様の悩みに出逢います。関係が強くなってくると保険の相談だけでなく、いろいろな相談事が増えてきます。謙虚に、問題解決に努めているつもりですが、日々アドバイスを求め続けられると「アドバイスしてやろう」なんていう横柄な自分が顔を出してしまいます。

そんな時に、和価値愛カードは、とても役に立ちます。

なぜなら、カードをシャッフルしていると「格好よくアドバイスしよう」といった横柄なココロや「こんな事をお伝えしたら、失礼にあたらないかな」という不安のココロが消えていくのです。

 

カードをシャッフルする時は、相手の質問と相手の氏名(使命)を問いかけイメージすると必要な情報が降りてくるのが分かってきました。カードを無心でシャッフルしていると相手の氏名(使命)が語りかけてくれるのです。

占いを始めた頃は、相談内容が、「どうなったら自分がうまくいくのか?」「今後、自分は運はよくなるのか?」だったのが、最近では、「どうやったら、まわりの人を喜ばせられるか?」「自分の使命や志を全うするには、何から始めればいいの?」という主体性を発揮するような質問に変わってきました。

和価値愛カードを通して、「他人の役に立ちたい」という人が、増えてきたのは、とても嬉しいことです。

 

整体(内臓調整療法)との出会い ~内臓調整療法師 長谷川隆之の誕生~

和価値愛カードだけでなく、占いを教えてくれた先生から、「オイルの整体を習おうかな?」と思っていた矢先、自分のぎっくり腰で、また新たな扉が開きました。

家族とボーリングに行った時のこと、「父親として、かっこいいところを見せよう」と渾身(こんしん)の第一投で、いきなり腰に激痛が走ったのです。

 

はい、人生初のぎっくり腰です。

子供たち3人が『パパ大丈夫~?』とかけよってくれました。そのこと自体は、とても嬉しかったのですが、その時は、『お願いだから触らないで』としか言えませんでした。駆け込み寺のような気持ちで行った整体の先生に言われたこと・・・

 

ぎっくり腰が教えてくれた・・・腰痛と内臓との関係とは?

「どうして腰を痛めたと思いますか?」

この一言で運命が変わりました。

『内臓体壁反射』という言葉を始めて耳にした瞬間です。

腰を痛めたのは、「単に運動不足だったから?」それとも、「投げ方が悪かったのかな?」と思っていました。

確かに、そのせいもあるでしょうが・・

あくまでも投げる姿勢などは、トリガーに過ぎない!

「原因は、普段から姿勢が乱れていた!(腰の巻き込み)ということ。その慢性的な腰の原因に氣づかず、ボーリングが引き金となっただけ」だと言うのです。

自分のぎっくり腰というタイミングがなければ、「へぇ~そういうもんなんですね」と聞き流していたかもしれませんし、整体の学校に通おうとも思わなかったかもしれません。

自分が内臓内臓調整療法を極めれば、「保険のお客さんが入院しなくてもすむようになる」「肩こりがつらくて、保険の話なんて聞いていらんないという人に、商談前、肩こりや頭痛を解消したら、喜ばれる」なんて思惑も手伝って、整体師を目指そうと思い始めました。

最後の背中を押してくれたのは、内臓調整療法師の先生のヒトコト・・・「長谷川さん、手がでかいから整体に向いているよ」なんと安易な・・・(笑)

 

最後に・・・

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

こうして、いろいろな先輩、師匠、先生との出逢いがあり、現在の魚画伯こと長谷川隆之が出来上がったのです。

少しでも、わたくし、長谷川隆之のことを分かっていただけましたら、幸いです。

 

家族の絆を深めるスーパープロデューサーとして!

ココロカラダ保険もバランスを整えて、あなたの人生がより一層輝かせるお手伝いをすることが、長谷川の使命であると確信しております。

 

追伸

整体の師匠の言葉『治すのではなく、治ってもらう』
施術者である自分が直そうとすると魔(ま)がさすと教えてくれました。

これは、整体に限らず、すべてに当てはまるような氣が致します。

※私は手技の学校である 内臓調整療法院を卒業しています。詳しくは以下のサイトをご覧ください。