過去や未来がどんなに荒波に見えても、海の底はいつも穏やかで平和である。~今、平和を忘れたあなたに届けたいメッセージ~

あなた
 どうして、自分ばかりがこんな大変な思いをしなければならないのですか?
 
魚画伯
目の前の状況は、過去に作り上げて来た思考パターンが投影されているに過ぎない。大変かどうかは、あまり目の前の状況と関係がありません。
 
あなた
大変とは大きく変わること」だと尊敬している先輩から、何度も教わりました。
 
魚画伯
そうですね。ピンチをチャンスととらえるかどうかで、人生は大きく異なる。苦労を自分の踏み石として智慧としながら、乗り越える者となるか?、苦労で自虐的になり自分でつぶれてしまうか?どちらがいいですか?
 
あなた
それは、乗り越えられる方を選択します。でも、何度も乗り越えようとしているのですが、次から次へと大変なことばかり続いてしまうんです。
 
魚画伯
大変なことって、例えば?
 
あなた
もっと学生の頃に勉強しておけばよかったと痛感させられます。
 
魚画伯
過去にこうしておけばよかったと今、後悔しているんです。
 
あなた
それに、これから子供たちの学費がどんどんかかるようになるし、どうしたらいいのか分からないのです。
 
魚画伯
過去に大変だったから、これからもきっと大変に違いないと思い込んでいるのでは?
 
あなた
それが現実なんじゃないんですか?
 

平和

理想と現実どちらが真実に近いと思う?

目の前の荒波に思えるような現象こそ真実であると思ってはいけない。あなたのココロの底から湧きあがる理想がより一層真実に近い。

それは前向きになれ?ということですか?

あなたが前向きであろうと後ろ向きであろうと現実は前しかない。

夢を追いかけろということ?

理想は夢とは異なる。夢は夢でしかなく、条件付きの愛でつくられたその場限りの幸せを自分の外側に求めることである。夢を見続けるようりも、本当の自分に目覚めよ。理想とは、理性と想いを一致させ、あなたが本当のあなたらしく振る舞うことから始まる。

現実を真実と受け止め、夢をあきらめることも夢。他の人が求めている夢をあなたも追い求めなくてはならないと思い込んでいないか?

最低限のことはしてやらないと・・・

最低限ってなに?ココロの底から願う理想の自分と自我の自分が作った夢の自分を履き違えていないか?

自分のやりたいことを追及したら、まわりをまきこみ、犠牲になってしまうかもしれないと心配なんです。

誰が犠牲者なの?

自分か?誰かが犠牲にならなければ、現実社会は成り立たないとでも?

そこまでは思っていませんが・・・

まずは、成り立たないという思考を手放してみよう。自我の作り出す条件付きの愛は誰かを犠牲にし、人生を生き残りゲームのようなものに閉じ込めてしまう。無条件の愛は、誰も犠牲者を作らない。自我の誘惑に負けて、自分を犠牲者にすれば、卑屈になる。他人を犠牲者にすれば横柄になる。しかし、横柄は、最終的に自分の卑屈を生み出す点にも注意が必要だ。

まとめ

誰か一人でも犠牲者がいるとしたら、それはあなたの理想ではない。あなたが自分を含めて誰かを犠牲者だと思っているとしたら、それはその人を不当に扱っているに等しいと自覚した方がいい。

自我は、過去の後悔・罪悪感を通して、仮面を作り出す。仮面の奥底にある笑顔・素顔を見通せるように、内なる平和に繋がってごらん。内なる平和を思い出すことで、荒波に囚われない海全体に繋がる。内なる四つ葉を発見して下さい。

内なる平和と繋がったあなたは、ないない探していた四つ葉を難なく見つけることができるでしょう。繰り返す思考パターン、ないない探し求める焦りを手放し、手放しで喜べる自分と共に生きよう。
大変大変と騒ぐことを一旦中断し、内なる平和を思い出してみよう。その平和は、あなたが大変だと思っていた人生の荒波にのみ込まれない。平和や理想はあなたの中心で回転している。回転の外側は急いで止まれないように見えるが、中心は回転しているからこそ、平和と共に止まっているようにも見える。

大きく変わる景色と何も変わらない永遠とを区別しよう。感情と理性が一致すれば、適切な区別が見えてくる。区別はしても、差別はしないようにしよう。差別は、積み上げては壊し、壊しては積み上げる子供のおもちゃのようなもの。おもちゃを手放し、内なる大人の自分を思い出して下さい。 

現状打破の言霊

平和いいわ~。この平和は長続きしないなんて、思ってもならない。

あなたとワタシとの調和で、平和に繋がる。

困難な状況に出逢ったら、こんなん出ましたけど~
と笑いにしちゃいましょう。

人生は素晴らしい喜劇。喜劇にするも、悲劇にするも自分次第。

内なる平和は、最高の喜劇を見せてくれる。

喜劇最高~。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA