安心・安全は感謝と繋がっている。

あなた
感謝という言葉が嫌いなんです。
魚画伯
感謝という言葉が嫌いなんですね。でも、どうして嫌いなんですか?
あなた
成功した人が、よく「感謝しなさい」って言うのを聞くとなんだか抵抗を感じてしまうからです。
魚画伯
でも、今は受け入れられなくても、感謝してきたことはあるんですよね?
あなた
昔は、そんなに嫌いではなかったけど、このあいだうちの社長に「うまくいかないのは、感謝が足りないからだ」と言われて、ますます感謝という言葉を聞くとイラっとするようになりました。
魚画伯
そうだね。感謝は他人(ひと)に強要されるものではないですからね。感謝が足りないというのは、ある意味あっているけど、他人(ひと)から言われて感謝するものでもないし、感謝しろ!というのも横柄な態度だと思う。むしろ「感謝しろ」って言っているその人が感謝が足りないかもしれないね。
あなた
そうかも(笑)

安全

感謝が教えてくれるものとは?

感謝は、人生で必要なものはすべて備わっていると確信することなんだよ。それは安心・安全であることの証明。

証明って、誰がするんですか?

あなたですよ。あなた以外に誰が証明するというの?

あなたか、誰か特別な才能や能力がある人が証明してくれるのかと思っていました。

感謝はあなたが安心・安全で守られているという証明してくれる。自ら感謝することは、あなたが証明するに等しい。感謝しろと言われれている状況で、あなた自身が感謝を感じなければ、今、安心・安全ではないという証明になってしまう。

愛も感謝も、時間・空間を超える。

感謝したくなることが起こってから感謝するのは誰でもできる。しかし、後悔・罪悪感でいっぱいになっていると誰でもできていたことができなくなる。今まで感謝できないような状況において感謝できるようになったら、あなた自身の成長となる。

自我は感謝したくなくなるようにあなたを誘惑する。もしくは、こんな状況でも自分は感謝できるんだと成長を焦り、わざと自分を窮地に陥るように仕向ける。

どっちがいいんですか?

どちらもよくはない。どちらも、分離という幻想で、本当の自分から遠ざかり、幸せを自分の外側に求める行為だからだ。感謝を何か特別なものとしてとらえ卑屈になったりしてはいけない。

あるがまま、ありのまま、しなやかに、ただ静かに感謝しながら今の状況を見つめれば、今のあなたがどんなに守られてきていたのか理解が深まるでしょう。感謝を手放せば、自我の作り出す後悔・罪悪感の夢に深く眠ることになり、状況はますますひどくなってしまう。あなたの魂を応援するまわりの人たちは、感謝したくない状況があなたの望みであると誤解してしまう。

自分で何を証明したいのか?考えただけで、なんだかワクワクしてきました。

そうだ、そのワクワクが、あなたの使命や志に一致しているんだよ。

 

感謝という言葉を目にしたり、耳にした時、自分の感情がどう揺れ動くかチェックしてみよう。

もし、イライラしてしまったり、嫌いな言葉としか捉えられないとしたら、もう一度自分自身を見つめるチャンスであると知ろう。

まとめ

感謝は、特別な言葉ではない。過去や未来にココロを奪われ、地に足がつかなくなってしまう自分をリセットしてくれる。「ありがたいな~」・「嬉しいな~」・「幸せだな~」・「テレるな~」・「感謝してます」・「ありがとう」という言葉は、今あなた自身が守られている証明であり、追認する言葉なのです。

苦しいときこそ、今、守られているな~と思うことを数えてみよう。

そんなの数えているヒマないって?そんな氣になれないって?
そんなあなたこそ、数えてみて下さい。もし、自分一人で数えられないという人は、ワタシを呼んで下さい。

現状打破する言霊

感謝が足りないとかんしゃくを起こす。

嬉しい

幸せ

大好き

ありがとう

感謝感謝、シュッポー・シュッポー♪

ピンチ・ピンチ・感謝・感謝・RUN・RAN・RUN!
ついでに、現在形・過去形・過去完了形も覚えてしまおう(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*