父親に教わった事・・・・父親として教えたい事・・・・

先日、父から 「自動車保険が9月末できれるから・・・ 隆之の新しい会社、自動車保険やってるんだろぉ」と電話があり、現在加入の条件を確認しに、週末実家へ行ってまいりました。

現在の加入している自動車保険のコピーを 預かり、社内で担当のお世話になっている社員の方や 先輩の方々に相談にのってもらい、補償内容を あ~でもない、こ~でもないと思案。

「この特約が付いていないと、結構事故の時に、トラブルが多いから、付けておくとお客さんに 絶対喜ばれるよ」と先輩にアドバイスをもらい 対物超過修理費用特約を プラスした提案を 届けてまいりました。12年間の経験で、生命保険の話は、慣れっ子のつもりでしたが、損害保険につきましては、研修のおかげで知識はたくさん あっても場数という経験値では、まだまだヒヨッ子。

自動車保険の手続きに関して、今回初めての経験でしたので、数箇所、事務手続きの件でマニュアルを見ながら、お陰様で、お任せいただく事になりました。自分だったら絶対付けるという信念のもとに、弁護士費用特約も付けたので、結果・・・年間の保険料が上がってしまった。

にもかかわらず、「自動車保険 初のご契約ありがとうございます」と言うと・・・・

「そっか、契約第一号か、 何事も一番は、嬉しいね」 という父親の言葉は、涙が出るほど嬉しかったです。

転職を機に 「自動車保険扱うようになったら、 任せるね」とおっしゃってくれた 友達や生命保険時代の お客様がおっしゃって下さった方が お陰様で、たくさんいらっしゃる中、今月、自動車保険の更新のタイミングも よかった事も手伝って、「契約第一号」を喜んでくれる親の表情に、 本当に思い出に残る今日この頃でした。

13年前、生命保険の会社に 転職すると言った時、あんなにも 「よりによって、保険会社なんて」と転職に反対していた父が 年金生活に入って掛け金が上がる事に、決して楽ではないはず。

にもかかわらず、こんなにも喜んでいる父を見て、改めて、息子の平蔵が将来大人になって、小生のところへ営業にきたら、自分に信念持って役に立ちたいという 心構えが見えた時、親バカと言われようとも、「契約するから、平蔵、おいで」と 言える父親になろうと思う今日この頃です。

お陰様で今は再発もなく元氣ですが、7年前、医師に宣告された父が、親としての生きる姿を見て、教えられる事が いかに多いかと感謝の氣持ちでいっぱいです。

帰り際・・・・「損害保険の勉強やら大変だな・・・・ 隆之、お前は、ず~っと勉強してるな~」

最初、誉め言葉かと素直に 受け入れようとした時、母親が、ニヤッとした表情を見て 「あっ、すいません、浪人とか、学費いっぱい かけてもらって、すいませんでした~」 お土産にご近所さんに配るほど、 トウモロコシをどっさりもらって、頭が下がる思いでした。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

2 件のコメント

  • 長年、損保の代理店をやっておりましたが・・・・自己の契約が多くなって・・・辞めざるを得なくなっています。
    まあ・・・もともとが入札補償保険のために始めた代理店ですから・・・
    きっぱりやめようかな・・・・

  • ナイトサファリさん
    いつもありがとうございます。
    そんなお仕事もされて
    いらっしゃったんですね。

    きっぱり・・・・
    それも大切な決断かも
    しれませんよね。

    余分なものを削ると
    大切なものに、集中
    できると思う今日この頃です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA