熱が出ない風邪は長引く?! 熱を出して早く回復する5つの方法とは?

「風邪を引けば、熱が出るのが当たり前」だと思っていませんか?

実は・・・熱が出ない風邪もあるんです。

しかも熱が出ない風邪は、結構長引いたりするので、意外と厄介ですよね!

 

体調が悪く、寒気もしているのに、
「熱があるかもと思って、体温を測ってみたら36度未満だった」
なんてこと経験した覚えのある人もいるのではないでしょうか?

高熱を出して、早くスッキリしたいあなたへ!

ここでは、熱を出せるカラダ作りのために、解消法まとめてみましたので、ご覧ください。

熱が出ない長引く風邪の解消法とは?

解消法その1:日頃からお風呂に入る。

8d81de095e177821fb6c4fe221fbb8b2_s

汗をかいて、カラダが冷えている場合もあるので、お風呂に軽く入って、さっぱりしてから寝ると効果的です。
風邪を引いたときのお風呂の入り方!「入らない方がいいんじゃないか」と迷っているあなたへ

 

いつもシャワーで済ませて、体温が低い人は、お風呂にしっかり入って、カラダを温める習慣を身につけましょう。

ミネラル不足の解消に、湯船に天然の粗塩(あらじお)を入れると発汗作用もあり、よく温まりますよ。
※塩の入れ過ぎにより、風呂釜を傷めないように、ご注意!

 

 

解消法その2:日常生活において、カラダを動かす。

4475ec4cd2bf7d32531bfa0daf842c79_s

筋力の低下は、むくみやすく、冷えやすいカラダになりがち・・・

ある程度の筋力はつけておきたいものです。

あなた
じゃあ、筋トレしなければならないの? 
 
魚画伯
ある程度の運動などは必要ですが・・・ここで注意事項があります。 
 

歪んだ姿勢のまま筋トレは禁物

「さあ、筋肉をつけよう!」と頑張ろうとして、いきなり激しいスポーツをしたり、歩き方が悪いまま長時間のウォーキングはおススメできません。

カラダが歪んだままのウォーキングなどは、更に歪めてしまう場合がありますので、歩き方にも工夫が必要です。

 

踵(かかと)からつく歩き方は本当に正しいの? 正しいと言われてきた今までの歩き方4つを疑ってみました。

 

あなた
じゃあ、どうしたらいいの? 
魚画伯
スポーツや非日常生活で使うような特別の筋肉をつけるのではなく、日常生活で使う筋肉に負荷を加えるといいでしょう。 
  

お掃除など、日常生活でカラダを動かすときに、あなたの普段の動きにプラス!負荷をかけて、日頃のちょっとした動作も工夫しながら、カラダを動かすようにしましょう。

 

あなた
もう少し、具体的に教えてほしいな。 
 
魚画伯
はい、たとえば・・・ 
 

  • 床を水ぶきする。
  • 汗を流しながら、トイレ掃除便器磨き
  • アイロンがけにひと工夫!重いアイロンを使う。~「シワが伸びやすい」という付加価値も!
  • ゆっくり伸ばす筋肉のストレッチを行う。
  • さりげなく、つり革にぶらさがる踵(かかと)を浮かして立つ
  • ハガキを手書きでたくさん出す。
  • 肩甲骨(けんこうこつ)をよく回す
  • カラダをよく洗う。背中の流しっこをすれば、絆が深まるという付加価値も!
  • 皿洗い機を使わず、ココロを込めて丁寧に洗う。頑固な汚れの鍋を洗うだけで、かなり筋力アップできますよ。

など・・・

あなたのアイデア次第で!
カラダを動かすシーンは、お金と時間をかけなくてもチャンスはいっぱい!

 

解消法その3:冷え症を解消しておく。

4642d78ec24848e2aef4b34e831d918f_s

平熱が35度代だと寒気がひどく、いつもよりも熱が高くなったとしても、
体温計の数字を見ただけでは、「そんなに高い気がしない」ということにもなりかねません。

 

日頃のあなたの体温をご存知ですか?

風邪を引いていないうちから、カラダを冷やさない習慣を取り入れましょう。

 

冷やさない工夫

7aeefb5baa9579258f16a027e5c0e5f5_s

「首という名のつくところ」を冷やさないようにする。

あなた
たとえば、どんなところ? 
 

頭を支える首に限らず、手首・足首が冷えるとカラダ全体の血液が冷やされ、熱を上げるために体力が消耗されやすくなります。

 

靴下をはいて寝るのは、代謝力が落ちやすくなってしまいますので、足首にタオルをまくというのもおススメです。

カラダを温めるために~ネギやショウガなど昔ながらの生活の知恵を上手に使いましょう!~

 

そして、もう一つ!

冷やすことで、冷やさない工夫とは?

883b9f1db4e381280578a8c3130e41e8_l

風呂上りに水シャワー?

 

いつでも、重ね着などをして、温めてばかりいると、カラダは自分自身で温めようとする力が弱くなってしまいます。

 

エアコンやストーブに頼ってばかりの生活をしていませんか?

「自分は冷え症だから・・・」と言って、コタツに入ってばかりいたり、電気ストーブなどに頼っていると自分で熱を作り出す力が衰えてします。

e4fcc1f998871db37bb4c8c2064f663d_s

時には、カラダを温めるばかりではなく、逆転の発想も必要なのです。

 

お風呂にしっかり入って温めた後は、水シャワーなどでカラダを一時的に冷やすのもおススメです!
カラダが、ぶるっと震えて、カラダがぽかぽかしてきますよ。

詳しくは、冷え性を改善する方法は冷やすこと!その逆転の発想とは?をご覧ください。
心臓の負担に注意しながら、少しずつカラダを慣れさせるとよいでしょう。

 

 

解消法その4:肝臓のうっ血を解消しておく。

ce95401bb314149147096289d9bfed49_s

肝臓は、血液の浄化やカラダの血液配分をコントロールしています。

肝臓の疲労は、カラダ全体に血液を上手に送り込むことができなくなる原因。

血液が上手に運ばれないと「熱を生みだす筋肉」に必要な酸素と栄養素が届かなくなってしまいます。

 

血糖値がすぐに上がりやすい精製されたお砂糖を控え、たんぱく質のとり過ぎにも注意しましょう。

<精製されたお砂糖>や<たんぱく質のとり過ぎ>は、肝臓を疲労させる原因となってしまします。

糖質制限ダイエット~どうせ頑張るのなら美容と健康にも有効な6つの注意事項とは?も併せてご覧ください。

 

さらに・・・

内臓調整療法で、定期的に肝臓のうっ血を解消しておくことも、大切です。

夜に足がつりやすい人は、肝臓の疲労がかなりたまっている場合が考えられます。
定期的に肝臓のケアをしておきましょう。

 

解消法その5:食べ過ぎにご用心

90f788c3577c8e0434fcbcd8e4fff2b9_s

人間以外の動物たちは、ケガをしたり、病気になった時は、本能に従って・・・

食べるのを抑えて、ひたすらじっと動かず回復を待ちます

 

「風邪を引いたときなど、病の時、食欲がわかなくなる」のは、消化に無駄なエネルギーを浪費させないようにし、治すことに集中したいカラダの反応のひとつ。

 

風邪の時、カラダの節々(ふしぶし)が痛くなるのは、食べ過ぎが原因かもしれません。
肩こりがひどい原因は、食べ過ぎにあった?

04a19e75fdc933481a10a3b970699bd8_s

微熱などが続いて、食欲がわかない時は、「うどんくらいならお腹に入るかも」などと無理をして食べないようにしましょう。

食欲がわくまで、安静にして睡眠をしっかりとることが大切です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

高熱が出たときは、しっかり休んで治そうとするけれど、微熱の場合は休みにくく、
無理をして仕事をしたり、学校に行ったりして風邪をこじらせてしまう場合も多いようです。

d838137c017d1c69295ffe0795983f37_s

日頃から平熱が低い人は、微熱でもかなり辛いですよね。

風邪を引いてだるいと思って、体温を測ったら、「あれ? 35度代? そんなはずは・・・」
と気が抜けてしまうかもしれません。

 

今回は、熱が出ないあなたの風邪について、原因と解消法をまとめてみました。

  1. 毎日、しっかり湯船につかって温まる。
    できれば、湯冷め防止や熱を生みだすために風呂あがりに水シャワー!
  2. 日常生活で工夫しながら、カラダをよく動かす。
    床みがきで、床もカラダもデトックス効果!
  3. 冷え症を解消しておく。
    目指せ平熱36度代!自分で熱を生みだす工夫を!温める事と冷やす事を使い分ける!
  4. 肝臓の疲れを解消しておく。
    精製された砂糖やたんぱく質をとり過ぎない!
  5. 食べ過ぎにご用心!
    食べ過ぎは、体力の消耗が激しいと自覚しよう!

 

その他、ご自身でケアをできないことは、内臓調整療法師のプロにお任せください。

風邪を引いても、熱が出ない原因については、熱が出ない風邪は長引く?! 風邪を引いても熱が出ない4つの原因とは?を併せてご覧ください。

 

 

熱が出る人も、出ない人も、お体ご自愛くださいませ。
あなたの長引く風邪の解消法として、お役に立てたら嬉しいです。

もし、ストレスがたまって、ココロの疲れから、風邪が長引く人は、風邪を引きやすい!風邪が長引くあなたへ! 病は気から?風邪が教えてくれる大切なメッセージとは?をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

最新情報をお届けします

Twitterで 魚画伯 をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA